「わたしを離さないで」

「わたしを離さないで」 BYカズオ・イシグロ

たんたんと、それでいてち密に描写される3人の幼馴染たちの日常。
トミーとキャシー、そしてルースが育った場所が、
単なる孤児院ではなく、ページをめくるごとにその場所の真実や、
彼らが抱える不安と希望の理由が見えてくる。

本やストーリー自体が素晴らしいというものではないけれど、
卓越された文章力にどんどんページをめくってしまう。

「将来がない」と自覚した彼らが、お互いにしがみつくように生きていく姿。
仲間を幸せにすることで、自分の生きたあかしを残そうとしている姿が
“哀しい”というよりも“染みた”。
最後の一人へむけられた同情の視線も、
丁寧にエピソードが重ねられているからこそ納得できる。

トミーがキャシーのためにテープを探すエピソードの意味が、
ページをめくるごとに変わってくる。

マダムが語った「わたしを離さないで」の解釈に驚かされ、そして納得させられた。
[PR]
by usedpeople | 2013-01-09 19:49 | 本。
<< 「11分間」by パウロ・コエーリョ ぼくを探しに >>