<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

【2016年に読んだ本】

2016年に読んだ本は20冊でした。そのうち1冊、夏目漱石の『こころ』だけ、複数回目の読了です。改めて読んでみても、本当に登場人物が全員嫌いだなと思いました。

また、印象に残った本No.1は、『東日本大震災 警察官救援記録 あなたへ』。読みながら泣きすぎてコーヒーを吹くという、人生で初めての経験をしました。人生で最も泣いた本トップ3にランクインです。ちなみに他2冊は『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』(リリー・フランキー)と、『わたしが・棄てた・女』(遠藤周作)。

少ないけど、興味深い本や楽しい本が盛りだくさんで充実していたかなと思います。
ぼんやりと心に残った順に並べます。

--------心の栄養になったゾーン
『異邦人』カミュ
『嗤う伊右衛門』京極夏彦
『東日本大震災 警察官救援記録 あなたへ』
『こころ』夏目漱石
『ゲゲゲのゲーテ』水木しげる
『人生をいじくりまわしてはいけない』水木しげる
『現代語古事記』竹田 恒泰←竹田氏の解説に、やべー奴感が漂っていてファンキーでした
--------楽しかったゾーン
『聖なる怪物』ドナルド・E・ウェストレイク
『あの日』小保方晴子
『事件現場清掃人が行く』
『まんまごと』『しゃばけ』『ぬしさまへ』畠中恵
『百鬼解読』京極夏彦ほか
『遠野物語』柳田國男
『カツオが磯野家を片付ける日』
--------読まなくてよかったゾーン
『包帯クラブ』天童荒太←これを読むには年を取り過ぎた
『紙婚式』山本文緒
『死にたい老人』木谷 恭介
[PR]
by usedpeople | 2016-12-31 21:17 | 本。